fbpx

大きくなって帰ってきた!モンキー125(MONKEY125)

モンキー125 Monkey125 125cc 原付二種 1

50ccのレジャーバイク
モンキー(Monkey)が
50年の長い歴史に
幕を下ろしましたが、
その名は受け継がれ
前後12インチホイールの
シャーシに
125ccエンジンを搭載した
モンキー125(Monkey125)へ
バトンタッチされました。

125cc 原付二種 おすすめ スクーター a125cc 原付二種 おすすめ スクーター バイク一覧 b

モンキー125のいいところ

  • モンキーならではの
    ショート&トールデザイン
  • グロムよりもマイルドな
    乗り心地、エンジン
  • ABS装備車の設定がある

 

モンキー125のの残念なところ

  • タンデム(二人乗り)ができない
  • 125ccクラスとしては
    足つき性が良くない
  • 同クラスと比べると
    車体価格が高い

 

モンキー125の特徴

モンキー125の製造は
タイで行われています。
日本やタイはもちろん
アメリカやヨーロッパでも
販売される
グローバルモデルです。

エンジンやフレームは
グロムベースですが
一人乗りになっていたり、
リアサスペンションが
ツインショックになっているなど
見た目以外にも
大きく違う点があります。

 

 モンキーらしいデザイン

 

50ccモンキーの
デザインの特徴は
前後が短く上下が高いシルエットで
シートやタイヤの厚みがあること。

モンキー125は
スケールアップしつつも
一人乗りとすることで
シートを分厚く、短く。
タイヤサイズをグロムの
扁平率70%から
80%に変更することで
これを見事に再現しています。

クローメッキを施した
スチール製の
フロントフェンダーや
マフラーガードをはじめとして
金属パーツを多用しており、
クラシックで質感の高い
外観になっています。

モンキー125 Monkey125 125cc 原付二種 2
写真提供:HONDA モンキー125のガレージ

 

ゆったりトコトコ走れる

 

基本的にエンジンは
グロムと共通ですが
マフラーの取り回しや
エアクリーナーの容量
などで調整されており、
ピークパワーを若干抑え
中速域で力強い特性に
なっています。

モンキー125 Monkey125 125cc 原付二種 3
写真提供:HONDA モンキー125のガレージ

 

フレームも一部は
グロムと共通ですが
エンジンに合わせた
乗り味にするため
剛性や強度の見直しが入り、
扁平率の高いタイヤの装着や
シートの厚みなどもあって
遠出のツーリングなどでも
トコトコとゆったり
走り続けられるように
なっています。

モンキー125 Monkey125 125cc 原付二種 4
写真提供:HONDA モンキー125のガレージ

 

二人乗りはできない

 

モンキー125はデザイン優先で
シートを短くするのを目的として
二人乗りは設計段階で
想定されていません。

なので、
タンデムステップやベルトなど
二人乗りに必要な装備は
ついていません。

これらの装備がないバイクは
原付2種であっても
2人乗りすると
交通違反となります。

モンキー125 Monkey125 125cc 原付二種 5
写真提供:HONDA モンキー125のガレージ

 

ABSはフロントのみ

 

モンキー125には
3万円(税抜き)アップで
ABSモデルが選択可能ですが
リアブレーキには
ABS機能が装備されていません。

モンキー125 Monkey125 125cc 原付二種 6
写真提供:HONDA モンキー125のガレージ

 

モンキー125のスペック・諸元

【 】内はABS仕様

  • 車名・型式 :
    ホンダ・2BJ-JB02
  • 全長(mm):1,710
  • 全幅(mm):755
  • 全高(mm):1,030
  • 軸距(mm):1,155
  • 最低地上高(mm): 160
  • シート高(mm): 775
  • 車両重量(kg):
    105【107】
  • 乗車定員(人):1
  • 燃料消費率
    (km/L) 国土交通省届出値:
    定地燃費値
    (km/h) 71.0(60)
    WMTCモード値
    (クラス)3 67.1(クラス 1)
  • 最小回転半径(m):1.9
  • エンジン型式:JB02E
  • エンジン種類:
    空冷4ストロークOHC単気筒
  • 総排気量(cm³):124
  • 内径×行程(mm):
    52.4×57.9
  • 圧縮比: 9.3
  • 最高出力
    (kW[PS]/rpm):
    6.9[9.4]/7,000
  • 最大トルク
    (N・m[kgf・m]/rpm:
    11[1.1]/5,250
  • 燃料供給装置形式:
    電子式(PGM-FI)
  • 始動方式:セルフ式
  • 点火装置形式:
    フルトランジスタ式バッテリー点火
  • 潤滑方式:
    圧送飛沫併用式
  • 燃料タンク容量(L):5.6
  • クラッチ形式:
    湿式多板コイルスプリング式
  • 変速機形式:
    常時噛合式4段リターン
  • 変速比:
    1速 2.500
    2速 1.550
    3速 1.150
    4速 0.923
  • 減速比(1次/2次):
    3.350/2.266
  • キャスター角(度):
    25° 00′
  • トレール量(mm):82
  • タイヤ:
    前 120/80-12 65J
    後 130/80-12 69J
  • ブレーキ形式:
    前 油圧式ディスク
    後 油圧式ディスク
  • 懸架方式:
    前 テレスコピック式
    後 スイングアーム式
  • フレーム形式:
    バックボーン

【関連記事】